■エビの話
きっかけのページでお話した熱帯魚を始めるエピソードはかなり直接的な要因で、実はもう少し前から熱帯魚に興味があったのかもしれないと思う。

旅行へ出掛けたときのお土産屋で、ビンに2匹の魚が入れられて売られていた。商品の名前は「コッピー」。あとで熱帯魚を始めてわかったのであるが、この魚は「アカヒレ」という熱帯魚の中でも温度変化に強く、丈夫な魚であった。
その説明書の中に、通販で別の生体も購入できるとの広告が入っていて、その中に「エビ」の紹介があった。
なぜか「エビ」が気になった。今でも本当のところエビの何が好きなのかが、自分でもきちんと説明できないのだが、淡水でエビを飼うことができる、という驚きは今でも鮮明に記憶に残っている。

結局、本格的にAquariumを始めたあとも、エビを水槽から欠かしたことはなく、今でもヤマトヌマエビとビーシュリンプは必ず飼育している生体である。
特に、ビーシュリンプは淡水で殖やすことができるので、程なくエビ専用水槽を立ち上げるにいたった。最初は35cmの小さな水槽で始めたが、すこぶる調子がよく、稚エビも順調に増えた。他の水槽でこけてしまった水草もその水槽へ入れると、翌朝にはきれいになるぐらいエビもよく働いたし、その頃「クリスタルレッドシュリンプ(CRS)」の存在も知り、思い切って60cmのエビ専用水槽を立ち上げた。
これがいけなかった。
35cmでうまくいったから、60cmでもうまくいくとは限らないのがAquariumの難しいところである。本当は、大きな水槽の方が水質が安定してうまくいくはずだが、ビーシュリンプについてはなぜかうまくいかなかった。あんなに順調に増えていた稚エビが、ぜんぜん親が抱卵しなくなり、水草までも調子をどんどん崩した。

実は、CRSの生みの親である渥美半島の鈴木さんのお宅へ直接出掛けていき、CRSを分けていただいたのもこの頃であるが、結局全滅してしまった。

以後、2年ほどリセットしては崩壊し、リセットしては崩壊し、を繰り返してきたが、ようやく最近になってまた35cm水槽で再開し、順調に稚エビが増えつつある。

このページでは、清水家の水槽では実は主役である「エビ」についての様子を発信していきたい。(H14.08.12)